開業100年の歩み

HOME > 医院案内 > 開業100年の歩み

開業100年の歩み

石田眼科の歩み

大正4年 大正4年4月19日、初代院長石田喜二郎が東京帝国大学眼科卒業後、上越市(旧高田市)に開院。


昭和17年 石田修は終戦後三楽病院に勤務し、日常診療や手術助手などを行う。そして石田眼科医院で初代院長と地域医療を行っていたが、大学での医療を学ぶために新潟大学眼科に勤務。

昭和27年 医学博士の学位取得後再度石田眼科医院に戻り昭和27年より2代目院長として石田修が継承。
昭和63年 3代目院長として石田誠夫が継承。
平成元年 最新医療を目指し、かつ地域事情に合わせて医療活動を展開するため本院を増設。

平成8年 分院である糸魚川クリニックを新設。
平成11年 県下で最初の近視手術用エキシマレーザーを導入
平成22年 石田眼科新築移転。

【平日】
午前 8:30〜11:00
午後 14:00〜17:30

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】日曜·祝日

【平日】
午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜17:00

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】木曜·日曜·祝日

【関連施設】新橋眼科

ページの先頭に戻る