HOME > 診療案内 > 主な目の病気 > 眼瞼下垂・内反症手術

眼瞼下垂・内反症手術

眼瞼下垂手術について

下がってきた眼瞼(まぶた)を挙げる手術です。皮膚が弛緩している場合は、皮膚を一部切除することもあります。手術は局所麻酔(局所麻酔薬をまぶたに注射します)で手術時間は両眼で1~1時間半位になります。

入院期間

日帰り

実績

2021年 件(眼瞼下垂手術)

内反症手術

内反症手術(切開法・埋没法)について
睫毛(まつげ)を含めた眼瞼(まぶた)が内反(眼瞼が内側に反り返っている状態) しているため、睫毛が角膜(眼の表面)に接触し、傷がついています。それを治療する手術です。

手術方法

【切開法】

眼瞼を切開し、睫毛が外側に反り返るように縫合して、内反を矯正します。

【埋没法】

糸をまぶたの中に縫い込んで睫毛の根元を外側に起こします。個人差はあるものの、眼瞼が二重になります。約1週間後に抜糸を行う場合があります。(埋没法は抜糸しません)
両側の場合、左右差が出来る限り少なくなるように努力いたしますが、多少の左右差は生じます。傷口は術後半年くらいかけて目立ちにくくなっていきます。

入院期間

日帰り

実績

2021年 件(外眼部手術)

【平日】
午前 8:30〜11:00
午後 14:00〜17:30

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】日曜·祝日

【平日】
午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜17:00

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】木曜·日曜·祝日

【関連施設】新橋眼科

ページの先頭に戻る