HOME > 診療案内 > 主な目の病気 > 緑内障手術

緑内障手術

緑内障手術について

手術方法はいくつかあります。緑内障の進行度合い、タイプによりその方の眼の状態などによって決定します。

手術時間は30分~60分点眼麻酔もしくは局所麻酔を使用して行います。

当院では最新の手術チューブ・エクスプレスも行っています。
手術は緑内障のスペシャリストもしくは院長が行います。

<線維柱帯切除術、トラベクレクトミ->

目の中で回っている水(房水といいます)は、普通は黒目(角膜)と茶目(虹彩)の間にある線維柱帯という網目を通り、シュレム氏管という管に入って血管に出ていきます。この房水を、バイパスを作って白目の皮(結膜)の下に流しだす手術が線維柱帯切除術で、現在最もよく行われる方法です。

<線維柱帯切開術、トラベクロトミ->

シュレム氏管に細い金属の棒を入れ、線維柱帯を破る方法です。

<チューブ・エクスプレス>

眼の中にチューブを入れ、直接房水を外に流す方法です。

入院期間

日帰りまたは一泊入院

実績

2012年 22件

【平日】
午前 8:30〜11:00
午後 14:00〜17:30

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】日曜·祝日

【平日】
午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜17:00

※土曜日の午後は13:30〜15:30まで

【休日】木曜·日曜·祝日

【関連施設】新橋眼科

ページの先頭に戻る